HOME > 定借事業 > 定期借地活用のポイント
定借事業定期借地権とは定期借地権活用のポイント定借事業のしくみ作品集・事業例 GALLERY 建築とディスプレイ トピックス長寿社会支援交流会セミナー情報 関連サイト 安心介護 家族会議OHSACHIへのアクセス 06-6390-2161 06-6390-0866 ohsachi@ohsachi.co.jp お問い合わせフォーム
定借事業

定期借地活用のポイント
RENOX OHSANCHIの空間再生リノベーション

借入金なしの安定収入

賃貸マンション経営などに比べ借金をしないで有効利用ができ、毎月地代として安定収入を確保。保証金契約期間中自由に運用可能。また、賃貸マンション経営等に比べて、修繕や管理、集金の手間負担がかかりません。

固定資産税が大幅減

1戸につき200m2以下なら課税評価額の6分の1に、また都市計画税が3分の1に軽減されます。

相続税等の評価額

定期借地権を設定することにより、原則的に土地の評価額は最高40%の評価減を受けることが可能となります。

土地は必ず戻る保証制度

「定期借地権」は必ず期限に更地で返還することを最初に定め(公正証書及び定借登記)、これを法律的に保証したものです。もちろん立退料も不要です。新借地借家法の定期借地権は、平成3年10月4日に成立し、平成4年8月1日より施行され、グローバルな資産活用の面から、根強い土地活用の方法として位置付けられています。




前のページに戻る 次のページへ
ページの先頭へ